FC2ブログ

出会い系7師範代の活躍を蛇の目が代筆する

プロフィール

蛇の目

Author:蛇の目
フォローお願いします!

https://twitter.com/meisou_bonnou
https://twitter.com/cyber__patrol

0 コメント

パパ活 税金の恐怖

pjさんはパパ活のお手当にかかる税金を考えたことはあるだろうか?

知り合いの税理士から聞いた話であるが、p活で受け取っていた現金数千万について、税務署側が贈与ではなく日常的に繰り返される役務の提供としてと認定し遡求して所得税の支払いを求めたケースがあるらしい。

口座を分散するなど証拠を隠しても千万単位となれば当局も黙っては居ないだろう。

年間110万以上のお手当を貰うpjは多いと思う。

以下、ネットからの引用であるが参考になれば幸いである。



パパ活をしていく上で、税金が発生しないケースもあります。

贈与税であれば、年間110万円を超えなければ税金はかかりません。

所得税であれば、年間20万円を受
け取っていなければ税金はかかりません。

つまり、贈与が年間110万円以下、報酬・給与の形であれば20万円以下であれば、申請は必要なし!

まず贈与税とは、「誰かが誰かにあげた財産」に対してかかる税金のことです。

ここでいう財産は、現金だけではなく、不動産や自動車なども含まれています。

つまり、男性からお手当という形で現金をもらったり、車を買ってもらったりすれば、税金がかかってくるのです。

なお、誕生日やイベントなどでもらう一般的なプレゼントは「贈答」にあたるため課税対象にならない場合も。贈与税がかかるかどうかは「社会通念上相当(常識の範囲内かどうか)」で決まります。

数百万円の車や時計、数千万円するマンションなどをもらった場合は贈与税がかかってきてしまうため、覚えておきましょう。

次に所得税とは、「自分で稼いだお金」にかかってくる税金のことです。

パパ活の収入が所得税になるの?と疑問に思ってしまいますよね。

実は、パパ活で所得税が発生するのは、とても稀。考えられるは、以下のようなケースです。

男性があなたを「アルバイト・社員」として雇い、給与を払った男性があなたを「個人事業主」として接し、報酬を払った




コメント

非公開コメント