FC2ブログ

出会い系7師範代の活躍を蛇の目が代筆する

プロフィール

蛇の目

Author:蛇の目
フォローお願いします!

https://twitter.com/meisou_bonnou
https://twitter.com/cyber__patrol

0 コメント

How to get the アイドルへの手引き その7

 

How to get the アイドルへの手引き その7

激裏メンバーの皆さん! 勃っていますか~! 蛇の目は勃ちっぱなしで会社のトイレで毎日オナニーすることが日課になってしまいました。スマートフォンでお付き合いした子の裸……あ、いやお写真を拝見しながら、励んでおります! 業務時間中に不謹慎極まりない蛇の目ですが、オナニーをしたあとの効率性は目を見張るものがあります!! だって、この原稿も……いや、えっと、ちゃんと書いています(笑)

さて、前回は怖いお兄さんのお話をさせていただきましたが、今回は別の意味で怖いお兄さんについてお届けしようかと。え、エコノミー編はまだかって? 実は今、執筆中なのですが「ピー」が入っちゃうところが多すぎて、困っているのです。この辺りは別枠を設けてお届けしたいと考えているのですが、どうしようかな。

録画・録音禁制のテレビ会議でもしたい気持ちです。そんなのあったら、参加したい人いますか? 10人マックスですねー。というか、それ以上は蛇の目の正体がバレるのが怖いっす! まあ、おいおい進めていければと思います。

では本題へ参りましょう!

時として交際女に飽きることもある蛇の目、スカウトに「交際経験のない子はなんとか見つからないか?」と、無理を承知でお願いしてみました。

スカウト:
「普通の子ってどんな子ですか?」

蛇の目:
「まず、交際をしたことがない子だよね。彼氏とかいてもいいから、割り切った交際をこれまでしたことがなくて、でもパパを探してるような子」

スカウト:
「うーん、難しいっすね……うちに来る子はみんな割り切りをある程度経験したことある子たちばかりですから。中には処女とかいますけど、ご飯だけで絶対やらない! とか、無茶言う子も多いんですよ」

蛇の目:
「いい、いや、処女は男の夢だけど、責任は持てないからさ……。経験人数が5人以下とか、男に対して普通の感覚の子がいいよな」

【復刻版】グラビアアイドル性交への道~番外編~ロリコン対決前編~のロリコン対決に登場した超美形女子大生、M子ちゃんのようなタイプ。そうです、偉い人の愛人になった経験はあれど、そこいらのヤリマ……いや、下半身が人格を持たない子とは違った子です。

簡単にいえば、交際とは少し方向性が変わる、感情の入ったお付き合いができる美女ということです。

スカウト:
「あ、ウチの合コンプロジェクトに来る子で清楚系一流企業OLがいるけど、あいつパパが欲しいって言ってたような……。だけど、絶対に身元が確かで、お小遣いを弾んでくれて、イケメンじゃなけりゃ嫌だって……。蛇の目さんはイケメンかな?(笑)」

蛇の目:
「中学から大学くらいまでは、ジャニーズみたいと言われてたけど、今じゃご覧のとおりですよ(笑)でも洋服とか清潔感とか、話題とか金銭的なものは合格できると思うけどな」

スカウト:
「蛇の目さんの写真を一回彼女に投げてもいいですか? 交際女は普通見かけより金のことが優先なんですけど、金のことは大丈夫として蛇の目さんが彼女から見てイケメンおやじなのか聞いてみます」

蛇の目:
「よろしく頼むよ! 奇跡の一枚を送るからさ」

スカウト:
「ウイッす!」



スカウト:
「蛇の目さん、あきちゃんが蛇の目さんをタイプだって!」

蛇の目:
「お、マジ? 会わせて会わせて!」

スカウト:
「普通の子だから慎重にお願いしますよ。そーいう関係になったらお小遣い8万円以上あげてください。あと絶対に無理クリはやめてね。彼氏はいたけど、30歳以上の人とは付き合ったことないらしいからよろしくお願いしますよ!」

蛇の目:
「あきちゃん交際経験ないの?」

スカウト:
「うちの合コン要員で来て、1万円もらって帰ったことが2回だけで、パパ活自体初めてですよ!」

蛇の目:
「了解~!」

ということで、1月某日にあきちゃんと会う段取りを組んでもらいました! やる気モード満々の蛇の目はホテルを予約、最上階のイタリアンを予約してロジスティックスは完璧です。

しかし約束の時間(18時)を15分過ぎても何も連絡がありません……。逃げられたかな?

と思ったら、ピンポーン、LINEがきました!

スカウト:
「あきさん、朝から生理になって今日いけないみたいです、すみません」

朝にわかったのなら、なんで連絡してこないのだ! 仕事も放りだ……首尾よく終わらせて、ホテルも予約したのにけしからん! 怒り心頭の蛇の目です。

取りあえずスカウトに電話しました。

蛇の目:
「おう、どういう了見だ? 朝にわかったって!」

スカウト:
「あ、はい、ボクがLINE見逃してたので……」

蛇の目:
「おう、オレを何だと思ってるんだ! 天下の國村……(略)」

怒りが収まらない蛇の目は、怖いお兄さんになっております。

LINEのスクショを送ってもらいましたが、やはり本当のようです。で、仕方なく1週間延期、同時刻でセッティングとなりました。

1週間後、同じ場所で待っていると……。

あき:
「あ、もしもし、蛇の目さんですか? 今レストランの入口にいます」

蛇の目:
「あ、マジ? 一番奥の窓側にいるから、来られる?」

あきちゃんがこちらへ歩いて参ります、可愛い……。電車の中で犯したいと思うような清楚OLさんです! 短いスーツとか、ヤバイよな、反則。

あき:
「あの、その、このあいだはすみません……」

蛇の目:
「あ、もういいよ~! それより乾杯しよう!」

あき:
「あ、はい、イタリアン大好き!」

和やかにお話が進んでおります。酔いも回ってあきちゃんがこんなことを……。

あき:
「このあとって、お部屋行かないとだめですか?」

蛇の目:
「あれ、その話スカウトさんからいってないの?」

あき:
「実は先週、直前にそーいう話を聞いて、ためらっちゃったのが本当なんです」

蛇の目:
「え?」

あき:
「というか、彼氏以外としたことがなくて。あ、彼氏もこれまで2人なので……」

蛇の目は飛び上がらんばかりの喜びです! そんな子、今どきいたんですね! あきちゃんが続けます。

あき:
「ご飯だけで3万円って考えてたんですが、スカウトさんから怒られちゃって。で、1週間決心する時間をもらったんです……」

蛇の目:
「うんうん、経緯はわかったよ。で、ボクはどうなのかな?」

あき:
「はい、優しくしてくれるなら大丈夫だと思います」

蛇の目:
「おお、感激! じゃ、お手当は聞いていたとおりで」

あき:
「はい、ありがとうございます」

ということで、ほとんど素人のOLさんをいただいてしまいました。

え、どんな味だったかって? はいはい。
セックスは好きなのですが、開発はまったくされていないというのが結論でした。

というのも「ほとんどイッたことがないから、蛇の目さんがイケればいいです」と。しかしそう言われれば萌えてしまう蛇の目です!

若い彼氏は、入れ出し運動が激しいだけなので、ときどきしかイカないとのこと。で、指や舌を使ってGスポットやボルチオを攻めたわけですが……。

あき:
「あ、んん……。何ですかこれ、すごく気持ちいいんですけど。蛇の目さん、入れてください!」

激しく感じるあきちゃん、であればイクまで攻める覚悟の蛇の目です!

あき:
「ちょっとまって! イキそう、イクかもしれない、あ、あ、フゥー! ググッ!」

あっけなく陥落してしまいました。イク間際にディープキスを激しく求めてきて、体勢がなかなか難しい。で、イッてから入れることにしました。

あき:
「ああ、大きい、もっともっと!」

嘘つきめ、蛇の目が大きいわけなかろう!

蛇の目:
「大きくないと思うよ、普通以下だし(笑)」

あき:
「大きいです! 前の2人よりも大きいい!」

どうやら前の2人は天下の粗チンだった模様です。蛇の目のが大きいとか、ありえません!

あきちゃん、可愛いし素人、蛇の目は本気で抱える決意をしたのですが、お付き合いしていくうちに、とんでもハップンな事件が起きます!

そのお話しは次回お届けしたいと思います。あきちゃんの心の中に潜む影が出てきて、蛇の目もビックリ! 皆さんも気をつけたほうがいい、素人の怖さが出てきます。

それでは、迷走煩悩こと、蛇の目でした!

 


コメント

非公開コメント