FC2ブログ

出会い系7師範代の活躍を蛇の目が代筆する

プロフィール

蛇の目

Author:蛇の目
フォローお願いします!

https://twitter.com/meisou_bonnou
https://twitter.com/cyber__patrol

0 コメント

酒井法子がテリー伊藤の質問攻めにガン切れ

情報バラエティー番組「スッキリ!!」(日本テレビ系列)では、タレント・酒井法子の独占インタビューが放送され、ネット掲示板で話題になっている。


2009 年に覚せい剤事件で有罪判決を受けた酒井は、執行猶予の3年が終わり、11月24日に芸能界へ復帰を果たしたばかりだが、そのインタビューでは、聞き手と なったテリー伊藤が、「正直言って何で覚せい剤やっちゃったの?」「覚せい剤を2回目3回目とやっていったのは何でなの?」と、遠慮なく質問を重ねてい く。

すると、テリーの追及は熱を帯び、「そこ(覚せい剤を使った自宅)にはお子さんもいますよね?お子さんだって小学校行ってるからわ か るじゃない?お子さんはどうしていたの?」「(覚せい剤を当時の夫と自宅で使う際は)『ちょっと向こう行ってなさいよ』『用事があるから』と言って二人で いるの?」と、その質問は子どもに関することにまで及び、酒井は「そういう事件のことって根掘り葉掘り、なんで言わなきゃいけないのかなって思うんですけ ど」と反論。
明らかな不快感を示した。

この様子が放送されると、ネット上では、酒井の対応に不満を感じたユーザから「完全に開き直って ん な」「切れてるというか痛いところ突かれて話を逸らそうという感じだな」「こいつばれちゃった事に反省してるだけで覚せい剤については悪い事と思ってない な」といったコメントが寄せられた。

しかし、テリー伊藤の質問が不適切だったと感じているユーザーも多く、「これは反省してるしてない 以 前に、テリーの質問が失礼過ぎる」「子供について話さないのはいいんじゃないの。別に正しいだろ 」「酒井法子も反省してるようには見えないから良くないけど、質問も割と酷い」「まー捕まってのち復帰して 言われても仕方ないことだけどテリーなんかにくどくど言われりゃ腹は立つ」と、その“質問内容”に異を唱えた。



(ニュース記事より引用)






覚せい剤使用で有罪になったタレントの酒井法子(41)が、3年の執行猶予が終わって芸能界に復帰した。
「碧空の狂詩曲~お市の方外伝」 は織田信長の妹・お市の役だ。
その稽古場をきのう3日(2012年12月)にキャスターのテリー伊藤が訪ねた。


「疲れが取れちゃったりとかがあると、次に手を出してしまった」

先月24日の復帰会見を「スッキリ!!」も長々と伝えた。
評価はいかに

テリー「1時間10分も記者会見、がんばったなぁ。『スッキリ!!」』見た?」
酒井「録画はしてあるんですけど、意外と小心で見てないんです」


会見では「どうして覚せい剤をやったか」と問われたが、ことばを濁していた。
「甘い考えでバカだったとしかいえません」としか答えていない。
テリーはここから聞き始めた。
「正直いって、なんでやっちゃったの」と話を向けたが、酒井はやはり「認識が甘かったし、責任感がなさ過ぎたというか」としか言わない。


テリー「普通なら、旦那がやってたら『やめなさいよ』という」

酒井「何もかもおかしいです。私って」

テリー「のりピーも一緒になってやるというのは何だったの」

酒井「わからないままにそうなっってしまったんです。何だったんだろうと思う」

テリー「旦那さんがやってて、やってみないかといわれて、そんな感じだったの」

酒井「そうです」

テリー「1回目があって、2回目、3回目といくのは何なの」

酒井「うーん、うーん。(長い沈黙)疲れが取れちゃったりとかがあると、次に手を出してしまったりとか」

テリー「オレも朝『スッキリ!!』やってるから疲れるよ(笑い)。夫婦が普通のとき、『私たちっておかしくはないの』とかニュートラルな会話ってないの」

酒井「ありました。罪の意識は持ってましたし、自分たちを離そうという話もありました。それがマヒしてしまった」

テリー 「手に入れるのは?『あんた買ってきてよ』とか」

酒井「お買い物じゃない」(笑)

テリー「お酒だったら買い置くとか」

酒井「同じようなものじゃないですか」




「心の支えは子ども。『ママもうだめだよ』って声をかけられた」


テリー「お子さんもいますよね。小学生だってわかるでしょ」

酒井「普通に一緒に生活してました」

テリー「『ちょっとあっちへいってなさい』とか?」

酒井「事件のことを根掘り葉掘り、なんで言わなきゃいけないのかなって思うんです。それが私の仕事であり使命でありますが、私一人のことならいいけど。話せる範囲で話さなきゃいけないとは思うんですけど。言わなきゃいけないんですか」

テリー「同じような境遇の人たちにわかるんじゃない?のりピーが覚せい剤を卒業して立派に生きていることが参考になる」

酒井「参考になるかわかりませんけど、自分ではバカだったなということと、気づいた時は遅いということ」

テリー「逃走したのはなぜなのかなあ」

酒井「頭が真っ白になっちゃって」

テリー「心の支えはあったでしょう」

酒井「子どもだった。『ママもうだめだよ』って声をかけられた。謝りました。抱き合って泣きました」

テリー「人間としても女優さんとしても、ひとまわり大きくなったと思う」

酒井「そうですか」



「こんな歌を歌えるのりピーがすごくいい。ちょっと歌おうか」とテリーが言い、2人で歌い始めた。
「あとどれくらい・・」と「碧いうさぎ」だ。
「切なくなれば あなたの声が聴こえるかしら」と一人でアカペラで歌った。

インタビューは20分くらいだったという。
テリーは「一緒にいるとすごい存在感がある。これからは悪役もできる女優になる可能性がある」と語る。

司会の加藤浩次「3年間が今後の仕事になる。その評価がどうなるのか」
テリー「役者やっていくんなら、アイドルじゃない存在感のある女優になってほしい」

コメント

非公開コメント